2021-02

職場見学 藤井工業株式会社


2月25日(木)、南砺市(旧井波町)の住宅新築現場を見学してきました。総合建築業を営んでおられる藤井工業さんの仕事現場の見学でした。

20210225.jpg

その日は建前(たちまい)、現場監督1名、職人さん6名で忙しく屋根の取り付け作業中でした。藤井工業さんの仕事は建築現場の管理・監督。施主さんと大工さんとの間を仲介する仕事が主です。

写真は午後2時の様子ですが、この後日没までに屋根の下地が完成する予定とのこと。最近の家はスピーディに進んでいきますね。部材もプレカットで工場から直送、熟練した技を持たなくても、建築に興味があれば、即現場作業に参加できるようですよ。いかがですか?

心を開き、素直に相談することが大切!

株式会社山本事務所の山本和成様をお迎えし「働くとは」のテーマでお話を伺いました。

山本さんは2008年に起業され、中小企業の経営コンサルタントのほか、学生を対象にキャリアコンサルタントの仕事もなさっています。

学生時代に数多くのアルバイトをご経験されたそうで、それらのご経験を踏まえ、様々な角度から「働くこと」に関して示唆を得ることができました。ここでは、その一部を紹介します。
CIMG3562.png

「働くとは」、個人によって違うので答えは一つではありません。山本さんは日本を代表する創業者稲盛和夫さんの著書を紹介され、働き方・生き方について悩んだとき、稲盛さんだったらと考えるそうです。本の中の一説「考え方を変えれば人生は180度変わる」を紹介されたのち、本題に入りました。

CIMG3563.png

本日の参加者は6名。アルバイト経験者の方から・・・
・暑くて力仕事できつかった
・コンビニのアルバイトで変なお客さんがいて嫌だった
・飲食店のオープニングの裏方で寒い厨房での皿洗い、雪かき、マニュアルがなく教えてもらえず怒られてばかり、体調を崩して1週間で辞めた
・スーパーの総菜部門で忙しくノルマに追われて大変だった

一方で、良かったことも・・・
・社員の方が優しい方ばかりで気をつかってもらえた
・お客様から「ありがとう」と言われうれしかった
・お金をもらえた
・慣れていき早く作業ができるようになり楽しくなった

山本さんのご経験から働き始めて悩むポイント5つを挙げてくださいました。
1)仕事:好きか嫌いか
2)お金:「納得」が大切
3)時間:自分に合う時間と時間帯
4)人間関係
5)健康:体を壊さないように働く

そして、大切なことはまず「教わること」。
いい会社の条件はマニュアルがあり、教育がいきとどいていること。

働くにあたり、あいさつと身だしなみが最重要。そして、コミュニケーションが重要といわれるが、目を見てうなずくことができればOK!という心強いお言葉をいただけました。

目を見ることが苦手な方は、横に目をずらすのではなく、下に目をずらし首元を見るとよいとのこと。

まとめとして、同じ時間帯でもどのようにとらえ、どのように生かすのかは自分次第。稲盛さんの言葉を借り「同じ働くのであれば、成果をだすこと」、「生きるのであれば、納得できるよう」とおっしゃいました。

最後に、相談相手を持ち、心を開き、素直に語ることが大切ですとのメッセージをいただきました。


すばらしい自分に出会おう_自己分析のヒント

先週に引き続き、有限会社エイ・エル・ピーの八尾稔啓(やお としひろ)さんをお迎えし社会人講座を実施しました。
CIMG3555.jpg
その概要をお伝えしたいと思います。
**********************************************************
1 意外と知らない自分自身
①自分という字の語源
自分の「自」は目を向けるということ。「分」は分けることであり「分かる」こと。

②自分について知っている事実
A4用紙を前に「自分について知っていること」をいきなりは書くことは難しいです。しかし、当たり前のこととなると結構あります。
CIMG3553.jpg
③自己分析とはどういうことか?
自分の価値観の根っこに何があるかを知ることです。心理学の世界ではキャリア・アンカーといいます。大事にしているキーワードを探す感じです。自分自身のキーワードが見つかればそれを伸ばしていきます。長所になります。楽しいと感じることの中に長所は見つかります。

人と同じでなくてかまいませんし変化もします。自分のキーワードを見つけ、少しずつ変化していく。ある日突然、ふとわかる時があるかもしれません。泳げるようになった瞬間や自転車に乗れるようになった時の感じです。

そのためには小さなことでいいので、楽しいと思えることを続けることが大切です。すると、生き方や考え方は変わっていきます。
CIMG3552.jpg
2 自己肯定感を高めるには
①自分の魅力に気づく
イキイキできるとき、集中できるときに自分の長所を発見できます。

②出来ることを増やしていく
好きなこと、楽しいと思えること、ちょっとしたことでいいので見つけます。そこに手立てがあるのです。

自己肯定感は根拠のない自信になります。「なんかできそうかも!」

怖いと思うと失敗する確率が高まります。一方、自信過剰も問題があります。その間の「できそうかも!」の感覚が自己肯定感を育てます。

********************************************************
最後に、自己分析の方法の一つとして、エニアグラムを紹介して下さいました。
CIMG3556_1.jpg
[じぶんが一番自分らしいと思う瞬間]を絵にし、そこからエニアグラムの9タイプのどれに当てはまるかがわかるそうです。興味のある方は書籍「9つの性格:エニアグラムで見つかる『本当の自分」と最良の人間関係」をお読みください。

以上、簡単ではありますが、本日の社会人講座の概要でした。





リラックスする方法を知り、うまく緊張と付き合いましょう

1月20日の社会人講座に有限会社エイ・エル・ピーの八尾稔啓(やお としひろ)さんがお越しくださいました。

下記の流れで講座は進行し、あっという間に1時間が過ぎました。
1 緊張するのは当たり前
2 病気の根っこ
3 ストレスの実際
4 RELAXの3原則
5 リラックス法の基本

その概要をお伝えします。
CIMG3546.jpg

1 緊張するのは当たり前
緊張は、本来人間が持っていたもの。自然界で動物は様々な脅威から身を守る必要があります。そのため、常に緊張状態にあります。お腹を出して上向きに寝転がっているライオンやシマウマを自然界ではなかなか見ることができないのはその証です。

ですから、緊張することは決して恥ずかしいことではなく、頑張っているからこそ起こることです。真面目でいい人だからこそ緊張するので、適度な緊張は不可欠です。

2 病気の根っこ
病気の英語表記は「DISEASE」。語源は「DIS」NOTを意味する接尾語と「EASE」気楽さ、安易さです。つまり、NOT + RELAX リラックスできていない状態で、「頑固」や「人間関係が悪い」などの広い意味で考えることができます。病気予防のためにはRELAXをみにつけることが根源的な対応になります。
タイプによって現れる場所が異なり、優しい人は心に、ひどい肩こりになる人は体に、屁理屈をいう人は頭に現れています。自分がどのタイプかを知ることで対処しやすくなります。


3 ストレスの実態
CIMG3548.jpg
オレンジ色の風船は心です。一人ひとり、色も大きさも、強さも異なります。へこませる力がストレス、これを心理学の世界ではストレッサーと言います。ストレスは有効なもので大抵は戻る力があり、エネルギー源になります。しかし、強いストレッサーに晒されたり、自分自身の思い込みがストレスを引き起こすこともあります。観るTV番組を選ぶこともストレスの回避につながります。

ストレッサーによって引き起こされる反応、例えば緊張したり、顔が赤くなったりすることをストレス反応と言います。ストレス反応は面接時に態度や声の調子など非言語的に現れるため、不利になってしまいます。「落ちるかも」と思うと本当に不採用になることが多いです。

逆に緊張が緩み、態度や声の調子などが変わることで面接での評価が高くなり、採用に至る可能性が高まります。毎日15分、次にお伝えするリラックス法を続けてみましょう。

4 RELAXの3原則
①姿勢を正す=丹田(おへその下)に意識を向け、背筋を伸ばします。丹田を意識して面接に臨むことで、雑念が頭から消え、緊張が軽減します。
②呼吸を整える=まずは「吐く」。5秒口をすぼめて息を吐きます。そのあと2~3秒息を止めます。続いて鼻から息を吸います。最初は5秒くらいから始め、慣れてきたら少しずつ長くし15秒くらいかけてゆっくりと息を吸います。これにより、免疫力もあがります。

③バイタルサインを知る=体温、脈拍、呼吸数、そして血圧をバイタルサインと言います。表を作り、血圧以外の3つをリラックス法の前後で記録し、気づき(気持ちや体の変化)を記入します。

5 リラックス法の基本
①各種脱力方法
「まわす」人間には260個の関節があります。首、肩など関節を呼吸に合わせてゆっくりとまわします。
「ゆらす」ジョギングの語源は揺らすです。足の裏で均等に床を蹴るイメージで体を揺らします。面接の前にトイレで「ゆらす」を実践してみてもいいです。
「ゆする」両手を前後に大きく振ることで体も揺れ始めます。

②手当
掌の中央付近にあるツボ「労宮 ろうきゅう」を相手のツボに当てることを手当てと言います。両手のツボを向かい合わせてハンドボールを握るようにすると手が温まります。背中をさすることで怒りがおさまります。ポイントは上から下へさすることです。胸の中央をなでおろすことも有効です。
CIMG3550.jpg

③逆説的リラクゼーション法
即効性がある方法です。机の上に肘から先を乗せ、掌を握り5秒間じゃんけんのグーの形を力を入れて作ります。そのあと力を抜き、もわっとする感じを味わいます。同様に足、顔、腹、最後に全身を同時に緊張させ、力を抜きます。入眠にも効果があります。

実践を取り入れながらの講座でした。終了後、さっそくリラックス法を試してみられた方から、普段より緊張が少なかったとの感想をいただいています。

以上、概要でした。
さらに詳しくお知りになりたい方は有限会社エイ・エル・ピーのホームページをご覧ください。

次回1月27日は引き続き八尾さんによる講座です。
テーマは「自分と出会おう」です。どんな自分と出会えるか楽しみですね。

冬の体験!たかサポスタンプラリー~ふらっと気楽に自由に楽しむ会~

12月17日(木)は毎年恒例になっている“年末企画”を行いました。
例年はセミナールームに集まり、ゲーム等を通して交流・お楽しみの時間を作ってきました。
今年はコロナ渦ということもあり、“どうしたら安心して楽しんでいただけるか?”について
木曜@たかサポで話し合い、スタンプラリーの開催を決定しました。
20201217① 20201217②
企画・運営は、木曜@たかサポに参加中の3名の方が担当しました。
3名と少ない人数でしたが、お互いに意見を出し合うことでより良い案になったり、
お互いの良いところを活かして協力することで作業がスムーズになる事を実感できたと思います。
20201217③ 
スタンプラリーでは、香り当てクイズ、音楽の体験、ストレッチコーナー、芸術鑑賞と4つの部屋を
巡ります。4か所すべてを体験してもよし!好きなところ2か所だけ体験してもよし!といった感じで、自由です。
20201217④
芸術鑑賞の部屋では、6名の利用者さんからお預かりした作品を沢山並べることが出来ました。
20201217⑤ 20201217⑥
フェルト手芸、写真、詩、小物制作、Tシャツデザイン、洋裁、油絵・・・・
20201217⑦ 20201217⑧
どれも素晴らしい作品ばかりでした。
お蔭で、いつものたかサポが何だかオシャレな空間になりましたね。
20201217⑨ 2020121710.jpg
作者のお一人の方は、「形にして表現することで、心を落ち着かせています。」と話してくださいました。表現することは心に影響するのかもしれませんね。
2020121711.jpg 2020121712.jpg
また、見に来て下さったお客様には、「表現する場所があることは大切。このような鑑賞会を定期的に続けて欲しい。」と言っていただきました。とっても嬉しいお言葉です!
2020121713.jpg 
今年は、コロナのお陰(?)で新しい企画に挑戦することが出来ました。
企画・運営して下さった3名の方、お手伝いに参加して下さった方、
スタンプラリーに参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。
2020121714.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (67)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (12)
火曜@たかサポ (93)
ワンツーマンパソコン教室 (4)
水曜@たかサポ (2)
社会人講座 (70)
楽活 (14)
茶談会 (33)
清掃ボランティア (59)
就活講座 (3)
女子会 (5)
職場体験 (2)
就労体験 (36)
もの作りプログラム (12)
イベント参加 (18)
楽スポ (69)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (31)
思い出 (6)
会社見学 (16)
日記 (97)
月曜@たかサポ (81)
スポーツ (14)
講演会 (3)
除雪ボランティア (5)
ステップアップセミナー (1)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
農業体験 (4)
未分類 (14)
定着支援 (5)
集中訓練プログラム (1)
リフレッシュ講座 (7)
はじめの一歩 (4)
ほっこり (1)
木曜@たかサポ (6)

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する