2020-08

「14歳の挑戦!」大人版を始めました!

7月22日の社会人講座に砺波市庄川町商工会の宮窪さんがお越しくださいました。
宮窪さんは砺波市の旧庄川町で型枠会社を経営されています。宮窪さんの若いころの体験談に始まり、今年庄川町商工会で立ち上げられた「就労体験」事業についてご説明いただきました。
CIMG3145.png

1)若いころの経験
高校を2年生で中退されたそうです。その理由がいじめでした。毎日、同級生からトイレに呼び出されお金をせびられたそうです。当時は、家族にも先生にも友達にも相談できなかったとのこと。要求額がどんどんとあがり、親のお金をこっそりと持ち出して渡したこともあったそうです。その状況に終止符を打ちたく、退学を決意。本当のことを誰にも打ち明けることなく、学校を去ったとおっしゃっていました。

退学後、お父様が経営されていた会社に入社。しかし、真剣さがないこと、甘い気持ちで仕事に就いたことを他の社員に見抜かれ、辛い対応をされたたそうです。また、体を使う仕事のため腰を痛め、数カ月仕事を休み「役たたず」のレッテルをはられてしまったとのこと。

親のつてで現場管理の会社に入ったそうです。その会社では、掃除とお茶くみ、社員の昼食の段取りを1年間したとのこと。これが下積みというものなのでしょうか。

宮窪さんは、この仕事は出来ると思い6年間続けたそうです。この間、先輩方から3つの大切なことを学びましたとおっしゃっていました。
  • 時間を守ること
  • 約束を守ること
  • うそをつかないこと

かつてお婆ちゃんが同様のことをおっしゃっていたとのこと。
「大介、うそをついたら、ゴキブリになっていき変わるよ!」

とても簡単そうですが実はできていなかったことに宮窪さんは気づかれたそうです。うそをついて学校を辞めたこと・・・。

本当のことを言える環境になるには嘘ではなくなると思い、金輪際嘘をつかないと決意し、今ではかつてのことをご家族にも、かつての友人や先生にも話せるようになりましたとおっしゃっていました。

時間を守れば信用につながります。信用がつけば頼られます。頼られたら時は出来る範囲のことをします。また、自分をさらけ出すことで嘘をつかずに済むともおっしゃっていました。

色々な場所で過去のことを話させてもらえること、自分を試させてもらえることに幸せを感じ、感謝の気持ちがわくとのことでした。

2)「就労体験」事業を始める
中小の企業が求人を出しても中々応募はなく人材不足の状態が続いています。一方、働く側にとっては入社してから「こんなはずじゃなかった」と気づき仕事を続けられないということが起こりがちです。いわゆるミスマッチです。

企業側も働く側も納得して就労してもらうための事業として今年の春から始められたのが庄川町商工会の「就労体験」事業です。
その経緯をドラマ仕立てにした番組がBBTで放映されました。そのVTRを視聴しました。

CIMG3147.png
息子さんが高校卒業後に入社された会社を辞め、家に閉じこもりっきりと心配されているお父さん。そのことを宮窪さんらに話されたところから、ドラマは始まりました。

それなら人手不足で困っている会社が一肌脱ごうと3つの会社でそれぞれ1週間の就労体験を受け入れられました。

「何がきっかけになるか分かりません。」
体験された会社への入社には至らなかったものの体験後ハローワークへ行かれ、県外の会社で働き始められたというストーリーでした。

CIMG3146.png

宮窪さんいわく、ちょっとしたおせっかいがあったことが功を奏したとのこと。20人以下の小規模事業所での人材不足は緊急に対応が必要だそうです。

また、企業は地域あってのものですから地域の自治振興会と両輪にで「就労待機者」と企業が結びつくきっかけになりたいとおっしゃっていました。
今後は庄川町だけでなく、砺波市・南砺市・高岡市でも展開を予定しているそうです。
全ての地域で大人版「14歳の挑戦」ができるといいですね。



みんなと一緒じゃなくていい「自分らしく、前向きに過ごすために・・BASICPhモデルに学ぶ」

71日(水)の社会人講座でたかサポの山本臨床心理士によるストレス対処法について学びました。

 

「自分らしく、前向きに過ごすためには、みんなと一緒じゃなくていいんだよ」のことばで講座は始まりました。この日、教えてもらったBASICPhモデルの提唱者M. ラハド氏はイスラエル出身の方です。山本臨床心理は会ったことがあるそうでとても明るく、一緒にいて楽しく、魅力的な方だったそうです。

 CIMG3117.png

このBASICPhモデルは、対処法の類型の頭文字をとったもので、安全に使えるそうです。

 

まず、各自が普段何気なく行っているストレス対処法を書き出しました。

・食べる

・寝る

・買い物

・外出

・ジョギング

・音楽を聴く

・散歩

・日記を書いて感情を表出

など、参加者のみなさん各人の対処法を持っていらっしゃるようでした。

 

実は、WHOによる「健康」の定義は「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」だそうです。社会的にもとは、周りのこともきちんとできていないといけない状態を指します。ですから、そうそう健康な人はいませんから、多くの人はすっきりとしないものも抱えながら生きているということでしょう。

 

また、ストレスとなるか否かには個人差があります。元々静かな人は静かな場所を心地よいと感じるでしょう。一方でにぎやかな人にとって静かな場所はストレスになります。

 

セリエ.Hによるとストレスとは、ストレスの原因とストレス反応の両方を指す言葉です。例えば、100mを走る時を考えてみましょう。ストレスの原因は100m走ること、ストレス反応は心拍数が上がることと言えます。同じ状況でも結果が同じとは限らないのがストレスです。そもそも走ることが苦手な人は、走ると思うだけでストレスになりますし、走ることが得意な人にとっては取るに足らないことかもしれません。病気の有無、経験、性別、年齢によっても違いがあります。ストレスの原因は自分の力で変えられるものと、変えられないものがあります。例えば、いくらハンサムになりたいと思っても顔は変えられません。

 

また、ストレスは自覚できないことが多いそうです。眠られない、食事が美味しくないといった身体感覚は自覚しやすいストレスのサインになるそうです。

 

ちなみにストレスには仕事もプライベートも含め、状況の変化が関連しているそうです。楽しいことも含めてストレスになることもあるとのこと。また、繰り返しになりますが、同じ経験をしていても感じ方は人によって異なります。

 

私たちは自覚せずに日頃からストレスに対処しています。お腹がすくのも、眠たくなるのもストレス。各人が何かしらの対処をしているのです。その人の経験から自然にできる対処はとても大切なもの。自然にできている対処法を活用することがレジリエンス(回復力)になります。

 

ですから各人が自分の強みを見つけて育てることが大切になります。しかし、緊急事態ではそれだけでは足りなくなることがあります。そこで、普段自分が使っていないチャンネルを動かすことが必要になります。いつもと違う対処ができると、自分らしく、前向きに過ごせるようになるのです。

 

そこで、BASICPhモデルから、各人が自分のストレス対処法を振り返りました。

(Belief)

信念 価値 態度 信条 宗教

(Affect)

感情表現 受容 聴く

(Social)

社会的役割 他者 組織 自己主張

(Imagination)

直観力 ユーモア 創造 ○○ごっご

(Cognition)

事実 知識 理解 内省 計画 独り言

Ph

(Physiology)

運動 仕事 遊び ゲーム 飲食 眠る 休息 服薬

 

Aには、八つ当たりなど話すことも含まれます。また、Iは言葉ではないので、小さい子どものままごとやお絵かき、歌等も含まれます。大人が書く小説や絵などの世界で漂うこともIになります。Cには整理や順序立て、自分自身で問答をすることも入るでしょう。

 

最初に各人が挙げた対処法を分類してみました。すると、多くが「Ph」に当てはまりました。他のワークショップでも圧倒的に「Ph」が多いそうです。また、「音楽を聴く」は「Ph」の他「I」にも、「日記を書いて感情を表現」は「A」と「C」に当てはまりました。さらに、対処法を組み合わせることも紹介されました。例えば「外出」、「友達に会う」、「話をする」を組み合わせれば、「A」「S」「Ph」の3分類に当てはまります。

 

上手くストレスと付き合うには完璧な対処はないと知っておくことも大切です。だから、多くの人がストレスで悩むのです。できないことがあることを知ったうえで、そこそこのところでうろうろしている状態を探す感じになるようです。逆に言うと、やりすぎると失敗する羽目に落ちるとのこと。例えば、飲酒が当てはまります。飲みすぎると経費がかかりますし、飲酒運転のリスクも高まります。また、肝臓がダメージを受け健康を害します。一人になることがストレス対処になる人もいますが、それが過ぎると仕事ができない、新しい情報を得ることができなくなるなどのデメリットが生じます。どの方法にもプラスとマイナス、両面があるのです。

 

B・A・S・I・C・Ph、6つのチャンネルがありますが、ストレスの度合いによっても、対処法は異なります。度合いによっては、これまで効果的だった方法が効かない時もあるでしょう。

 

対処法が効かない時、同じ類型の中で違う方法を試してみることが有効です。例えば、ジョギングでストレス解消していた方でしたら、同じ「Ph」のリラクゼーションを試してみるのも手です。

また、他の類型から新たな対処法を見つけることも有効です。「A」の感情表現はとても有効です。感情をため込むのはだれでも辛いことです。それが楽しいことであってもです。周りの人を見たり、周りの人に聞いたりして、やってみるといいでしょう。やり方のレパートリーを増やすのもいいでしょう。

 

さらに、先ほどの「外出して(Ph)、友達に会い(S)、話をする(A)」のように複数の類型を組み合わせるのもいいですね。失敗しても失敗から学んでいけます。この対処法が必要だと思えたら「B」の信念にもなります。

 

ストレスへの対処法がストレスにならないようほどよいバランスで取り組むことが大切です。ストレスはあるものです。良いストレスもあります。無理をする必要はありません。如何に自分を犠牲にせずにストレスと付き合えるのか。それができれば、前向きに心地よく満足の多い生活を送られると思います。基本は自分にしっくりくる方法を選ぶことです。

 

感染予防しています。

東京の新型コロナの感染者数が連日報じられています。
たかサポとしても、再度、感染の対策に取り組みました。

その1 <サーキュレーターの設置>
Cm.jpg
面談スペースに2台設置しました。
部屋の空気を外に逃がしています。

その2 <次亜塩素系で除菌>
CI.jpg
キッチン用洗剤を100倍(キャップ1杯を2L)に
薄め、テーブルやイス、手すりなどを拭きました。

少しでも感染が広がらないようにしたいですね>(=_=)<

今年度最初の野菜販売を行いました。

7月9日(木)今年度1回目の野菜販売を行いました。
ブログラム「木曜@たかサポ」で約ひと月の間、準備をしてきました。
当日は、4名の参加者が10時に集合し、価格決めPOP作り接客の確認など、
役割分担してテキパキと準備を行いました。

20200709①
今回の販売品目は、
ゴーヤ、キュウリ、オクラ、トウモロコシ(黄色)、トウモロコシ(白色)、
ブルーベリー、枝豆、小松菜、ミニトマト、米ナス、青ナス、かぼちゃ、
でした。

20200709② 20200709③

4名の参加者のうち、2名は初挑戦。他の2名は昨年に続き2回目の挑戦でした。

初めは緊張しながらも、丁寧な対応を心がけて取り組んでいました。

20200709④

それぞれが目標や課題を持って取り組むことができていました。

今回の経験を通して、更なる課題も見つける事ができたかもしれませんね。

2回目の販売は、8月13日(木)12時~13時です。

高岡市役所地下1階でお待ちしています♪




新型コロナウイルスの影響はここにも…

7月8日(水)の社会人講座にハローワーク高岡の南部さんがお越しくださいました。

「図表でみる 労働市場」、「職種別求人・求職バランスシート」他、資料をもとに雇用状況とハローワークの利用の仕方についてお話を伺いました。

Ⅰ 雇用情勢を知る
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、雇用情勢に大きな変化がみられる昨今、まずは現在の雇用情勢をお話しくださいました。

1)求人数は激減!
5月のハローワーク高岡圏内(高岡市・射水市)の求人倍率は1.26倍。昨年5月は1.86倍からの落ち込みは大きなものとなりました。数値でみると昨年5月には6,777人の求人があったのに対し、今年の5月は4,738人と2,000人以上の減少となりました。
CIMG3125.png

2)産業別の差が大きい!
求人数は激減してるものの、産業別にみると大きな違いがあることが分かりました。とりわけ求人が大きく減っているのは製造業、宿泊業・飲食サービス業でした。新型コロナウイルスの感染拡大という世相を反映しています。また、サービス業の求人数の減少幅も比較的大きくなっていました。その理由は、人材派遣業がサービス業に分類されるためだそうです。人材派遣では製造業の占める割合が大きく、製造業の求人数の減少のあおりを受けているとのことでした。

3)正社員の求人は横ばい!
昨年5月に比べて求人数は激減しているものの、正社員の求人数は982名から987名と5名増加しています。減少したのは、契約社員、パート、派遣、臨時雇用の求人だったようです。正社員不足は解消されていないことが数値から分かりました。

4)求人倍率が10倍を超える職種も!
大きく求人数が減少した一方、求人倍率が高い職種がありました。日頃から人材不足と言われている「建築・土木技術者等」は16.83倍、「介護サービスの職業」は5.03倍と相変わらず高倍率になっています。さらに「建設・採掘の業種」では6.68倍、警備業が含まれる「その他の保安職業」3.07倍、「自動車運転の職業」2.58倍など、求人倍率が高い職種は一定数あるようです。

5)「事務的職業」と「運搬・清掃等の職業」は狭き門
求人倍率は「事務的職業」で0.48倍、「運搬・清掃等の職業」は0.52倍となっており、求職者二人につき一つの求人となっています。女性の方で「とりあえず事務で」、あるいは高齢の方で「ぼちぼちと軽作業で」とおっしゃる方がハローワークにお越しになるそうですが、実はハードルが高いとのことでした。

Ⅱ ハーローワークの使い方
今年の2月からハローワーク高岡が新庁舎で業務を開始しました。新庁舎の利用の仕方をパンフレットを元にお話しくださいました。

1)全国どこのハローワークを利用してもOK!
居住地のハローワークに限らず、全国どこのハローワークでも利用が可能です。また、全国の求人情報をどこのハローワークでも知ることができます。

2)今年の1月6日より新しいシステムを導入!
新しいシステムのインターネットサービスでは、ハローワークの検索端末と同程度の情報の入手が可能になりました。それに伴い、ハーローワーク内の検索が3割減少したそうです。また、初めてハローワークを利用する際登録が必要になりますが、仮登録も自宅のパソコンからできるそうです。なお、数年後にはハローワークに出向かなくても、応募が可能になるとのことでした。

3)お気軽に窓口の利用を!
ハローワーク高岡の場合、1階第2コーナーが相談の窓口となります。応募だけでなく様々な場面で気軽にご利用下さいとのことでした。例えば、仕事を探す前の段階でどうしようかと悩んでいるとき、就職した後職場で困りごとが出てきた時の相談にも応じていらっしゃるそうです。もちろん、応募に当たって面接の練習や履歴書の書き方の相談にも乗っていただけるとのことでした。
CIMG3123.png

この日は4名の方がご参加くださいました。雇用情勢の話が面白かったし、参考になったとの感想をいただきました。



«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (67)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (12)
火曜@たかサポ (93)
ワンツーマンパソコン教室 (4)
水曜@たかサポ (2)
社会人講座 (60)
楽活 (14)
茶談会 (33)
清掃ボランティア (59)
就活講座 (3)
女子会 (5)
職場体験 (2)
就労体験 (36)
もの作りプログラム (12)
イベント参加 (18)
楽スポ (69)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (31)
思い出 (6)
会社見学 (13)
日記 (97)
月曜@たかサポ (81)
スポーツ (14)
講演会 (3)
除雪ボランティア (5)
ステップアップセミナー (1)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
農業体験 (4)
未分類 (9)
定着支援 (5)
集中訓練プログラム (1)
リフレッシュ講座 (7)
はじめの一歩 (3)
ほっこり (1)
木曜@たかサポ (2)

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する