2024-04

社会人講座 株式会社バロン

2024年度の社会人講座1回目は、株式会社バロンの方に来ていただきました。
ビルのメンテナンス、清掃用品の販売やレンタル、リフォーム、不動産、介護事業など、様々な事業を展開しています。現在、スタッフは約600名、取引先は県内だけでも1000社以上にもなるとのことで、オフィスビル、病院、公共施設、工場、コンビニなど、私たちが普段利用する場所でもスタッフの方が活躍しているようです。テレビのCMをご覧になった人もいるかもしれませんね。

20240417.jpg

今回は清掃のお仕事を中心に話していただきました。清掃と一口に言っても、実はいろいろあります。一般家庭のハウスクリーニングから、ビルや工場の大型施設、建物の中と外、日常的な清掃業務や、半年に一回などの定期清掃など、作業内容は異なり、一人で担当する業務もあれば、複数で行う業務もあります。

「清掃の業務から始めて、資格や経験を積んでキャリアアップしていってもらいたいと思っています。清掃作業監督者になるために必要なビルクリーニング技能士1級などは国家検定資格になりますが、そうした資格取得の費用は社で負担するなどサポート体制は整っています」と総務部の酒井さん。

清掃のお仕事は「ありがとう」と言ってもらえる気持ちの良い仕事で、「自分がきれいにした」という目に見える達成感も味わえる仕事。モクモクと、そして丁寧に作業するのが合っているという人には向いているかもしれませんね。職場見学や体験も積極的に受け入れていただけるので、興味のある方は是非ホームページをご覧ください。
https://baron-jp.com/about/

社会人講座 UTエイム

2月21日にU Tエイム横山様にお越しいただき、社会人講座を開催しました。
202402211.jpg


U Tエイムは無期雇用型の派遣会社で、まず派遣の仕事とはどのようなことかを分かり易くご説明いただきました。
 その中で無期雇用派遣が他の有期雇用の派遣とどのようにちがうのか、どのようなメリットがあるのかを以下のようにご説明いただきました。

・3年間といった就業期間の縛りがないので、継続的に同じ仕事に取り組める。そのためキャリアアップ、スキルアップが可能
・月給制となる派遣先が多い。
・就業条件明示書により仕事内容が明記されているため、仕事内容が頻繁に変わったりすることはない。
・派遣元からのサポートを受けることができ労働問題について相談できる体制がある。
・やってきた仕事がしっかりとした職歴として残る。

以上のことから仕事を始めやすい環境になっているとのこと。

印象に残った言葉として

「やりたいことは“試働”しながら探せば良い」

“試働”とU Tエイム社独自でつくられた言葉で、文字通り働くことを試してみることだそうです。
働き初めの人、働きたいと思っている人にとってはすぐにやりたいことを見つけることが困難であることを理解されており、実際に働いてみて見つけていく姿勢を応援されています。そして、そこからのキャリアアップに力を注いでおられるとのことでした。

参加された利用者の方も、今までの派遣のイメージとは異なる働き方を知ることができ、一つ一つの言葉に頷きながら熱心に聞いておられました。

「織を究めて美に到る」西川産業で働きませんか!

2月7日の社会人講座に南砺市(旧城端町)より、西川産業株式会社の西川伊希子様がお越しくださいました。実際の製品をお持ちいただき、その薄さと美しさ、あるいは機能性、アイディアに直に触れさせていただきました。
CIMG4192.png



西川産業は、115年の歴史があり、古くは五箇山で生産された絹糸を使って織ものを生産されていたそうです。現在は、ポリエステルやナイロン製の細い糸を使って、薄地に特化した製品を生産されているとのこと。

”薄地の西川”として国内でも5本の指に入る会社だそうです。

女性向け洋服の布地、カーテン生地、産業資材を生産されているとのこと。
大みそかにNHKで放送されている紅白歌合戦に出場している方の衣装にも使われているそうです。
その特徴は薄いだけではなく、経(たて)糸と緯(よこ)糸の色を変えることで、見る角度によって色が変わる生地を生産するなど、他社にはない製品を作っているそうです。
CIMG4197.png

また、カーテン生地はニトリの商品になっているものもあるそうです。
CIMG4198.png

そして、産業資材にはエアコンのフィルター、農業用ネット、QRコードが印刷された網戸など、多岐に渡っているそうです。
CIMG4201.png

CIMG4205.png
分業化が進んでいる繊維業界で西川産業は、企画から生産・販売まで一貫してプロデュースできるので、細かい要望に応えることがでることが強みだとおっしゃっていました。

南砺市に3つの工場があり、それぞれ違った工程があるとのことでした。
準備工程は、比較的単純な作業で、「14歳の挑戦」で中学生が体験する工程でもあり、だれでもすぐにできる作業とのことでした。

織布工程では、経糸と緯糸とが織り上げられる工程で、扱っている糸が非常に細いため、トラブルが生じることもあるそうです。そのような時、どこにトラブルがあったのかを解決するオペレーター職を現在募集中とのことでした。

CIMG4212.png

CIMG4209.png

とても地味な仕事ですが、色々なものを生産しているそうです。

6:00-14:15勤務の早番と13:30-22:00勤務の遅番とがあり、残業はほぼないとのこと。また、月ごとにシフトが組まれるそうですが、希望を優先して下さるとのことでした。さまざまな工程があるので、その方の得意不得意を見極めて、配属が決まるそうです。

整然と並ぶ糸に美しさを感じると西川様はおっしゃっていました。

興味、関心を持たれた方は、スタッフに申し出てください。見学や体験にも応じていただけると聞いています!

次回の社会人講座は、2月21日(水)。UTエイム株式会社より横山さんがお越しくださいます。高岡市近郊で派遣スタッフの募集が複数出るそうです。一刻も早く働きたいという方、まずは派遣で試してみたいという方、よろしければご参加ください。

派遣という働き方について知りたい方の参加も大歓迎です!ご予約、お待ちしてます。

ジェラート屋さんで働きませんか!

1月31日(水)の社会人講座に北陸くらす株式会社代表取締役 清都勢憲(きよと せいけん)様がお越しくださいました。

CIMG4186.png
ざっくばらんな語り口調に、リラックスした空気でセミナールームが満たされました。

自己紹介では、10代から20代にかけてご経験を交え、試行錯誤をなさったことを話してくださいました。
30代で入社された会社で定年まで働くつもりだったそうですが、社長の交代で社内の雰囲気が大きく変わり、定年まで働くイメージが持てなくなったそうです。そこで、仕事をしながら「宅地建物取引士」資格を取得されたとのことでした。

その背景には、戸出の街を元気にしたいというあつい想いがあったからだそうです。
東京で5年ほど過ごし戸出に帰ったら、生まれ育った戸出の町から活気が消えていたことで郷土愛に目覚められたとのこと。公共交通から高岡のまちづくりを考えるNPO法人RACDA TAKAOKAで活動を始まめられたのもその頃からだったそうです。

会社員時代は、休日というと何もすることがなかったのが、RACDA TAKAOKAの活動に関わるようになったからは、休日だけの活動では十分に動けないことに気づき、2011年「宅地建物取引士」試験合格を機に、会社を退職し、不動産会社を設立されたとのこと。まずは、小さなお店からという発想で、戸出駅前で「ジェラート」の店を開業されたそうです。開業当初は、ジェラートの売り上げだけでは生活は難しく、夜はコンビニエンスストアでアルバイトをなさっていたとのことでした。

今は、店長の女性にお店を任せ、清都さんは次のステップに向けて精力的に動いていらっしゃるようです。その一つが「ジビエのコロッケ屋さん」の開業。本業以外にも、戸出の歴史を冊子にまとめたり、カードゲーム『えだせんがぁるず』の活動を盛り上げたり、清都さんの活動は留まることがないようです。

CIMG4190.png

そんな清都さんが手がける「ジェラート」と春に開店予定の「コロッケ」のお店のスタッフを募集中とのこと。関心のある方は、エンゲージのサイトで詳細をご確認ください。
また、清都さんがホームページの運営を担当しておられるNPO法人RACDA TAKAOKAでは、さまざまなイベントを企画されているそうです。
そして、カードゲーム『えだせんがぁるず』のサイトも!オリジナルキャラクターが地域の活動を盛り上げていますよ。

北陸くらす株式会社のサイトはこちら
エンゲージのサイトはこちら
NPO法人RACDA TAKAOKAのサイトはこちら
『えだせんがぁるず』のサイトはこちら


次回の社会人講座は2月7日(水)。西川産業株式会社取締役 西川様がお越しくださいます!
南砺市にある繊維の会社です。自分のペースで働きたい方、美しいものに興味がある方、ぜひ、ご参加ください。
お待ちしています。

2024年が始まりました。

新しい年が始まりましたね。
皆さんはどの様な日々をお過ごしですか?
今日はスタッフ間でお互いの“今年の抱負”について共有しました。
伝え合った抱負は以下のような内容でした。

スタッフA『寝る前に5個の片付けをする事で、綺麗にする習慣をつけたい』
スタッフB『食事を腹八分目にする事で、体調管理に気を付けたい』
スタッフC『日々のルーティーンを続ける事で気持ちを整えたい』
スタッフD『体の声を聞き変化に対応する事で、できるだけ元気に過ごしたい』

などが挙げられ、どのスタッフも意外にも“身近なこと”を大事にしていると感じました。
今年の抱負を既に決めている方も、これから考えたい方も身近なことから考えてみるのも
良いかもしれません。
370831.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (71)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (13)
就活講座 (4)
ワンツーマンパソコン教室 (5)
社会人講座 (110)
はじめの一歩 (5)
職場見学会 (30)
木曜@たかサポ (19)
茶談会 (33)
清掃ボランティア (59)
リフレッシュ講座 (11)
職場体験 (4)
定着支援 (6)
たかサポ通信 (4)
日記 (99)
集中訓練プログラム (1)
農業体験 (4)
就労体験 (37)
講演会 (3)
過去のプログラム (371)
月曜@たかサポ (81)
火曜@たかサポ (93)
水曜@たかサポ (2)
楽活 (14)
女子会 (5)
イベント参加 (18)
もの作りプログラム (12)
楽スポ (69)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (31)
思い出 (6)
スポーツ (14)
除雪ボランティア (5)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
未分類 (16)
気ままスペース (1)
サポラボ (3)

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する