2020-07

職場見学会 (株)高木内張


7月2日(木)、射水市にある株式会社高木内張を見学させて頂きました。


高木内張という会社は、トラックなどのシートやカバーを制作及び修理を行っている会社です。

自動車が好きという参加者も「機械や車のメカニズムには以前から興味があったが、シートやカバーに関する仕事は盲点だった。自動車に関する新たな仕事分野を知ることができ、とても良い経験になった」と話しておられました。


20200702.jpg


モノづくりの工場ですが、流れ作業の単純労働でなく、特注品を知恵と経験を活かし一つ一つ顧客の要望に応えながら制作していく働き甲斐を感じられる職場でした。


社長さん自ら、細かな質問に丁寧に答えて下さり、本当にありがとうございました。

「はじめの一歩」を共に踏み出しましょう

昨日は4カ月ぶりに「はじめの一歩」プログラムAを実施しました。

パーテーションをたて、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策をしての開催となりました。
参加者は4名。不安げな面持ちでプログラムは開始。
CIMG3107.png
自己紹介の後、「王様じゃんけん」もどきでアイスブレークです。
ファシリテーターとじゃんけんをして、勝った人が駒をもらえるというもの。
15回ほどしたでしょうか。8勝した方が最多勝でした。
コツをお聞きしたところ、何も考えていなかったとのことでした。

「はじめの一歩」プログラムAは、仲間の力を借りて自分らしさに気づく内容です。
CIMG3111.png

最初のワークでは、自分自身の気持ちに気づき、その気持ちを共有しました。
4名とも同じように不安な気持ちを抱いていらっしゃいました。
「不安なのは自分だけ」と思っていらっしゃった方も、
みんな同じ気持ちなんだとホッとされていたようです。

次のワークはリフレーミングでした。
私たちは自分の長所よりも短所に目がいきがちです。
短所を具体的なエピソードを元に長所に置き換えました。

意志がない ⇒ 慎重・従順
こだわりが強い ⇒ 職人肌
人の目が気になる ⇒ 周囲をみている

など、「なるほど!」と思わず手をたたきたくなるようなリフレーミングの言葉が参加者の方から出ていました。

言い換えてもらって少しうれしくなった。
ネガティブだと思っていたけれど、そうではない見方ができた。
などの気づきがあったようです。


最後に参加された方が感じられたこと気がつかれたことの一部を紹介します。
・成功、失敗、それぞれの反対が何もしないこと、だというのが印象に残りました。
・短所を掘り下げることで別の一面を発見できたり、見方を変えて印象が変わることがある。
・自分だけで自分ことを考えるより、人に見てもらうことで発見がある。
・みなさん悩みがそれぞれあり、それぞれ違う。悩んでいるのは自分だけでない。みな同じ。
・ポジティブな言葉に変換することでうれしい?気持ちになれる。
・人と関わることで自分の知らないような、考えつかないようなことを知れると思った。

いかがでしょう?
「はじめの一歩」プログラムに参加しませんか!

次回は7月22日(水)午後1時ー午後3時に実施します。
ゲームを通して自分のらしさに気づきます。



「同窓会カフェ」のご案内

今年度は全5回、偶数月の第4土曜日にオープンします!
時間は15:00-16:00の1時間限りです。


sozai_image_22000_20200620091719b44.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、飲食なしで実施します。
それではカフェになりませんね(笑)

日頃のストレスを解消したり、
仕事上のお困りごと解決のヒントを得たりできる時間にしたいと思います。

昨年度は「仕事上のコミュニケーションスキル」、「職場におけるビジネスマナー」、
「労働者を守る法律」等を扱いました。

今年度もお越しのみなさまのお声からメニューを決めたいと思っています。
1回目は来週6月27日(土)に開催します。

遅刻した時、休暇を取りたい時、早退したい時etc.
のマナーについて語り合おうと思っています。

もちろんご来店時に要望をお聞かせいただければ
できる限りご要望に沿わさせていただきます。

久しぶりの方も大歓迎です。
なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、定員を設けています。
お手数ですが、事前にご予約をお願いします。

野菜販売の準備を始めます!

いよいよ木曜@がスタートしました。
今日は、アグリッチ農園を経営されている松本さんにお越しいただき、
お話しを伺いました。
農業を始められたきっかけや、色々なご苦労があったこと、
農業の魅力についても教えていただきました。
CIMG3101.jpg
野菜販売については、事前にどんなことを調べるか、準備した方が良い事、
接客の際にどんなことを気をつけるか・・・などなどアドバイスを頂きました。
これから企画・準備を進めていくことになります。楽しみですね♪

夏仕様の制服の性能に歓喜....KYODOU株式会社

本日の社会人講座にKYODOU株式会社から服部さんと柏樹さんがお越しくださいました。
今回も制服と警棒、トランシーバーを準備していただき、実際の業務をイメージできるようにとたくさんの工夫がちりばめられた内容でした。


1)警備の仕事とは・・・
工事現場やショッピングセンターの駐車場などでおなじみの警備の仕事ですが、その実態は「街や人の安全・安心を守る仕事」とのこと。実際、警備員の方がいらっしゃることで安心して駐車場に入れます。

CIMG3095.png

2)警備業はサービス業
警備業の業務はさらにいくつかに分類されているそうです。本日は、その中からKYODOUさんであつかっていらっしゃる主な業務3つをご紹介いただきました。
サービス① 交通誘導業務
動画を用いて片側交互通行の誘導業務の様子を見せていただきました。警備員の方は車に深々とお礼をなさっています。感謝の気持ちもありますが、警察とは異なり警備の仕事はあくまでもお願いですので、お願いに従って下さってありがとうという気持ちになられるようです。

サービス② 雑踏警備業務
群衆の誘導等をする業務になります。今年は新型コロナウイルスの感染拡大のためイベントの中止が相次ぎ、雑踏警備業務は激減しているとのことです。

サービス③ 施設警備業務
屋内の仕事になるそうです。巡回や出入り管理が主で一昨年から取り組みを始められ徐々に依頼が増えているとおっしゃっていました。

3)警備員になるには?
18歳以上等の条件は資格は不要だそうです。その一方、実際の業務につく前に20時間以上の研修が法律で義務付けられているそうです。
1日目が座学で警備業の知識を得ます。
2日目は警備の練習と見学を行い、3日目に現場実習となるそうです。
KYODOUさんでは自信がない方には追加研修にも対応していらっしゃるとのことでした。
また、研修後はベテランの警備員さんと一緒に業務につき、慣れてこられたら一人での業務につくこともあるそうです。

4)警備員の一日
前日までに会社からどこの現場かがメールで知らされるそうです。当日は自宅から現場に直接行き概ね8時から17時までの勤務となるそうです。終了後は直接自宅に帰るそうです。車を持っていない方の場合は、送迎をしてもらえるとのこと。

5)国家資格
入社には資格は必要ありませんが、資格取得のチャンスを会社から与えてもらえるそうです。資格取得をきっかけに正社員をめざす方もいらっしゃるとのことでした。実際、本日お越しいただいた柏樹さんは高岡地域若者サポートステーションをご利用中にKYODOUさんに応募されました。最初は週1日から始められ、現在は資格を取得されて正社員として働いていらっしゃいます。しかし、KYODOUさんで最も大切にされることは、職能ではなく服装をはじめ真面目に仕事に取り組む態度とのこと。就職までご苦労があった分、非常に重く感じました。

CIMG3097.png

6)質問 過去の社会人講座での質問を交えながら詳しくご説明いただきました。
Q1 対人関係はどのようなことが必要とされていますか?
A1 言葉によるコミュニケーションがほぼない現場もあります。その時は旗がコミュニケーションの道具。それでも「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様でした」等のあいさつは大切です。

失敗することもあるし、怒られることもあります。怒られたときにはなぜ起こられたのかを考えるようにしています。怒られるのは辛いけれど、怒られる理由があるはずです。できないことを指摘してもらっていると考えます。怒られても仕事が終わった後にフォローがあります。

一時的に感情を出す人もいます。そのような人が苦手な人は同じ現場にならないようにシフトを組みます。

悩み事は話した方がいいと思います。会社の人でなくても構いません。人に相談することが苦手な人もいると思います。初めてのことは仕事にしろ、相談することにしろ、勇気が必要です。困ったときには勇気をもって相談してみることを勧めます。

ストレス耐性は人それぞれです。どうしても難しい場合はやめても構いません。我慢をして働いていも互いにとってマイナスです。しかし、できればプラスにしてほしいと思っています。

Q2 勤務時間は?
A2 8時から17時です。夜間の勤務もありますが強制ではありません。希望に沿ってシフトを組みます。

Q3 仕事の喜びは?
A3 感謝されることです。「ありがとう」「助かった」といわれると仕事をやって良かったと思えます。

Q5 寒さ、暑さ対策はありますか?
A5 寒さ対策として防寒具とカイロを支給します。暑さ対策としては昨年より扇風機付きの制服を導入しています。非常に効果的で昨年の夏は熱中症になった従業員は一人だけでした。画期的なことです。引き続き従業員の意見を聞きながら改善を検討しています。

CIMG3098.png

Q6 シフトはどのように決まりますか?
A6 事前に希望を提出してもらいます。希望に沿って出勤日が提示されます。

Q7 勤務エリアを教えてください。
A7 県外の現場もありますが概ね県内です。状況を考慮して勤務地を提示します。難しいと感じた場合は断ることもできます。

新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止が相次ぎ、雑踏警備業務はほとんどなくなりましたが、まだまだ人手不足です。関心を持たれた方はまず見学にきてくださいとおっしゃっていました。

見学にはご希望があればスタッフが同行します。ご希望の方はスタッフまで!


«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (67)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (12)
火曜@たかサポ (93)
ワンツーマンパソコン教室 (4)
水曜@たかサポ (2)
社会人講座 (57)
楽活 (14)
茶談会 (33)
清掃ボランティア (59)
就活講座 (3)
女子会 (5)
職場体験 (2)
就労体験 (36)
もの作りプログラム (12)
イベント参加 (18)
楽スポ (69)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (31)
思い出 (6)
会社見学 (12)
日記 (97)
月曜@たかサポ (81)
スポーツ (14)
講演会 (3)
除雪ボランティア (5)
ステップアップセミナー (1)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
農業体験 (4)
未分類 (9)
定着支援 (5)
集中訓練プログラム (1)
リフレッシュ講座 (6)
はじめの一歩 (3)
ほっこり (1)
木曜@たかサポ (1)

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する